日記

1 2 3 4 5 6 Last

墓誌板ができました。 山辺家チャ太ちゃん

                    

       墓誌板ができました。 山辺家チャ太ちゃん

 

株式会社パートナー  (太田市、大泉町、千代田町、邑楽町 公認ペット霊園)

パートナー霊園(ペット霊園、ペット火葬、納骨)

        太田市、足利市、大泉町、邑楽町、千代田町、熊谷市,伊勢崎市,桐生市

 

清め塩(きよめじお)

「清め塩」とは、葬儀や火葬場から戻った人が、死の穢れを払う意味で塩を体にかける行為や、玄関の前に撒いて踏む行為などの慣例儀式のことをいいます。
死を穢れと捉える神道の考えに基づく慣例で、古来より身を清めるために海水が用いられたことに由来する象徴行為と考えられます。
戦後になって、葬祭業者が会葬者サービスの一環として、葬儀場出口に塩を置いたことや、会葬礼状に小袋入りの塩を付けたことで一般化しました。
近年では、死を穢れと捉えることを疑問視する声もあり、「清め塩」を行わない動きもあります。
また、もともと「清め塩」の慣例がない宗派もあります。

 

 

お悔やみを申し上げます。 グレちゃん4才 太田市

            

   お悔やみを申し上げます。 グレちゃん4才 太田市

          優しい男の子でした。。。

近くのホームセンターへ行くと、必ず何処と無く現れる迷い猫でした。毎回毎回、近づいてくるうちに自宅に連れ帰る事になりました。それからというものは、家に帰宅するとベッタリと張り付いてくるようになりました。膝に乗ったり、体を擦り寄せたり離れませんでした。

 

株式会社パートナー  (太田市、大泉町、千代田町、邑楽町 公認ペット霊園)

パートナー霊園(ペット霊園、ペット火葬、納骨)

        太田市、足利市、大泉町、邑楽町、千代田町、熊谷市,伊勢崎市,桐生市

 

墓誌板ができました。 早川家ティアラちゃん

            

       誌板ができました。 早川家ティアラちゃん

 

株式会社パートナー  (太田市、大泉町、千代田町、邑楽町 公認ペット霊園)

パートナー霊園(ペット霊園、ペット火葬、納骨)

        太田市、足利市、大泉町、邑楽町、千代田町、熊谷市,伊勢崎市,桐生市

 

清祓いの儀(きよばらいのぎ)

「清祓いの儀」とは、神道で、忌明けの翌日に、葬儀の際に神棚や御霊舎(みたまや) に貼った白い紙をはがす儀式のことです。
清祓いの儀は、本来、忌明けの後の適当な日を選んで行うものですが、最近では、仮霊舎に祀ってあった故人の「霊璽(れいじ)=みたま」を、御霊舎に移し、祖先の霊と一緒に祀る合祀祭(ごうしさい)も併せて、忌明けの霊祭当日に行うことが多くなっています。

 

 

墓誌板ができました。 佐藤家ピーちゃん

            

       墓誌板ができました。 佐藤家ピーちゃん

 

株式会社パートナー  (太田市、大泉町、千代田町、邑楽町 公認ペット霊園)

パートナー霊園(ペット霊園、ペット火葬、納骨)

        太田市、足利市、大泉町、邑楽町、千代田町、熊谷市,伊勢崎市,桐生市

 

●「供花」とは、故人へのお別れの気持ちを伝える「弔意」として送るお花のことです。
故人と親交があった人が様々な想いや祈りを込めて故人に捧げるもので、特別な決まりは無く、誰でも送ることが出来ます。

「どうぞ安らかに」と祈る気持ちで寄せられる供花は、式場における荘厳なムードづくりには欠かせない大切なものですので、故人と親交があった方は心を込めてお花を贈りましょう。

●供花の送り方
目安としては、通夜当日の午前中に祭壇を飾り付けるものですので、それに間に合うように届けるのがマナーですので覚えておきましょう。

供花は、 1つを一基(いっき)、2つで一対(いっつい)と数えます。訃報の連絡を受けた際に、専門業者や、葬儀社に直接依頼しましょう。

 

 

 

お悔やみを申し上げます。 ロッキーちゃん  太田市

 

               

    お悔やみを申し上げます。 ロッキーちゃん  太田市

前の飼い主さんが、いじめていたので人間不信になっていた男の子でした。。。

太田市の里親募集で、巡り合い12年間一緒に暮らしてきました。最初はなかなか、受け入れがたく2年という歳月を費やしました。やんちゃな性格が、少しずつ 少しずつ現れ、人なっこくなってようやく家族の一員になりました。

 

株式会社パートナー  (太田市、大泉町、千代田町、邑楽町 公認ペット霊園)

パートナー霊園(ペット霊園、ペット火葬、納骨)

        太田市、足利市、大泉町、邑楽町、千代田町、熊谷市,伊勢崎市,桐生市

 

帰幽奉告の儀(きゆうほうこくのぎ)

「帰幽奉告の儀」とは、神式で、神官が故人の死を産土(うぶすな)の神と、幽世(かくりょ)の神へ報告する儀式のことです。
神式では、故人を自宅に安置して枕飾りをしたら、神官を招いて「枕直(まくらなおし)の儀」を行います。これは、仏式の「枕づとめ」に当たる儀式で、「帰幽奉告の儀」は、この際に行われます。
「帰幽(きゆう)」とは、神道で死ぬことを意味します。
神道では、人は神々と祖先の恵により現世(うつしよ)に生まれて生活をし、死して後の御霊(みたま)は、幽世(かくりょ)に帰り、やがて祖先の御許(みもと)に帰り着くとされています。

 

 

1 2 3 4 5 6 Last

« カテゴリを追加 | メインページ | アーカイブ

このページのトップへ