日記

First 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Last

墓誌板に貼り終わりました。熊倉家、宮谷家、中澤家、川田家 様

 

P1100626.JPG    P1100627.JPG

P1100628.JPG    P1100629.JPG

  墓誌板に貼り終わりました。熊倉家、宮谷家、中澤家、川田家 様

     花ちゃん、ミンミちゃん、ライラちゃん、ペコちゃん

 

        パートナー霊園(ペット霊園、ペット火葬、納骨)

       太田市、足利市、大泉町、邑楽町、千代田町、熊谷市,伊勢崎市

永代供養(えいたいくよう)

菩提寺が施主に代わり永久に法要を営んでくれること。またはその取り決め。仏の供養をする人が途絶えてしまうとか、子供や孫に代わって、菩提寺の僧侶にお願 いして、仏の命日に供養していただくこと。永代供養をする場合、「永代供養料」を納めるが、そこに誰が、誰のためにいくら納めるのかを明記しておく。

 

 

お悔やみを申し上げます。 みゅうちゃん 17才 邑楽町

 

P1100098.JPG    P1010148_256.jpg

    お悔やみを申し上げます。 みゅうちゃん 17才 邑楽町

          甘ったれな女の子でした。。。

        人みしりなところがありました。。。

     かしこくて、でも奥ゆかしいところもありました。。。

   気が小さいところがありましたが、よく気が付く子でした。。。

 

        パートナー霊園(ペット霊園、ペット火葬、納骨)

       太田市、足利市、大泉町、邑楽町、千代田町、熊谷市,伊勢崎市

遠方忌(えんぽうき)

十三回忌のこと

 

 

お墓の田川家の墓誌板ができました。

 P1100625.JPG    P1100624.JPG

       お墓の田川家の墓誌板ができました。

 

        パートナー霊園(ペット霊園、ペット火葬、納骨)

       太田市、足利市、大泉町、邑楽町、千代田町、熊谷市,伊勢崎市

エンバーミング

北米で一般的に行われている遺体の消毒・腐敗防止・復元・化粧の技術。現在遺体の60%以上が何らかの感染症を保有しているといわれているため、遺族や遺体 を取り扱う人への感染を防ぐために、公衆衛生上必要な処置であるとの認識が高まっている。特に遺体を海外に移送するときには、エンバーミングを条件として いる国が増えている。

 

 

大泉町外二町斎場で、ペットを火葬された遺骨をおあずかりさせていただきました。

            太田市、大泉町、邑楽町、千代田町  公認ペット霊園

 

       平成29年9月26日~平成29年11月25日の期間にペットの火葬を

      された遺骨を、パートナー霊園の成仏堂で大切におあずかりさせ

     ていただきました。

                 ご供養のご案内

P1110083_256-thumb-250x187-3620[1].jpg    P1130802_256.jpg

                   

                                                 

  大泉町斎場様より、ペットの遺骨を、おあずかりさせていただきました。

                               

年に一度は愛する家族に手を合わせに来て、供養して、いただくことがパートナー霊園としてのお願いです。    広くて平らな園で、楽しかった思い出とともに、、、ずーとずーと、ゆっくりとゆっくりと休んでいます。         合掌

 

                          フリーダイヤル:0120-19-8107 受付時間:8:00 ~ 20:00

臨済宗(りんざいしゅう)

禅宗の一派で、我が国には鎌倉時代に栄西が、入宗してこれを伝えた。日本の上流階級の間に栄え、五山文学や絵画・茶道などの文化を育てた。本山は京都の妙心寺で、金閣寺、銀閣寺、竜安寺、西芳寺、大徳寺なども臨済宗の寺院。鎌倉では円覚寺が有名。

 

 

お悔やみを申し上げます。 アンディちゃん 17才 熊谷市 

 

P1100074.JPG    P1100076.JPG

   お悔やみを申し上げます。 アンディちゃん 17才 熊谷市

          穏やかな男の子でした。。。

           利口な子でした。。。

 

        パートナー霊園(ペット霊園、ペット火葬、納骨)

       太田市、足利市、大泉町、邑楽町、千代田町、熊谷市,伊勢崎市

忌み言葉(いみことば)

特定の時や場所で口にしてはならない言葉や、その代わりに用いる言葉。不吉な言葉や、不幸が続くことを連想させる重ね言葉を言い、お悔やみの挨拶や、弔辞には使わないよう注意する。「重ね重ね」「たびたび」「返す返す」「たび重なる」「ますます」「追って」など。

 

 

 

First 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Last

メインページ | アーカイブ

このページのトップへ