HOME > ブログ > 日記 > お悔やみを申し上げます。 かのんちゃん 13才 大泉町

お悔やみを申し上げます。 かのんちゃん 13才 大泉町

 P1090464.JPG     お悔やみを申し上げます。 かのんちゃん 13才 大泉町

お母様、男の子、祖母の3人で、みえました。棺に入れるために、身支度をしている間ずうっと折り鶴を折っていました。たくさん作ってくれた鶴があるのに、まだ作る子だなと不思議に思っていました。葬儀が始まっても折っていました。お経が終わりに近づいたころ、涙を流し始め動かなくなってしまいました。ようやく、その子が鶴をずうっと折っていた意味を理解しました。かのんちゃんは、この子にとっては姉妹だったことを痛感しました。合掌

株式会社パートナー  (太田市、大泉町、千代田町、邑楽町 公認ペット霊園)

パートナー霊園(ペット霊園、ペット火葬、納骨)

                 太田市、足利市、大泉町、邑楽町、千代田町、熊谷市,伊勢崎市,桐生市

逆さごと(さかさごと)

 

「逆さごと」とは、葬儀に関連する物事を、通常とは反対のやり方で執り行うことを指します。
「逆さごと」を行うのは、“死”という異常事態を日常と切り離すためだという説や、あの世はこの世と反対の世界であると考えられいるためなどの説があります。
現在でも残っている「逆さごと」の風習には、屏風の絵柄を天地逆にして枕元に立て掛ける「逆さ屏風」や、湯灌の際のぬるま湯を、水にお湯を注ぐことでつくる「逆さ水」、納棺の際、故人の顔の方に着物の裾がくるように掛ける「逆さ着物」など、さまざまなものがあります。

カテゴリ:

タグ:

コメントする

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: お悔やみを申し上げます。 かのんちゃん 13才 大泉町

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.pet-ptn.jp/tkn/mt-tb.cgi/2658

< 墓誌板ができました。栗原家 コロちゃん  |  一覧へ戻る  |  墓誌板ができました。木村家 COCOちゃん >

このページのトップへ