HOME > ブログ > アーカイブ > 2018年12月

2018年12月

お悔やみを申し上げます。 ししまるちゃん 18才 太田市

 

P1050350.JPG     お悔やみを申し上げます。 ししまるちゃん 18才 太田市

            おとなしい男の子でした。。。

           甘えん坊なところがありました。。。

        でも、番犬の役目はちゃんとしていました。。

 

株式会社パートナー  (太田市、大泉町、千代田町、邑楽町 公認ペット霊園)

パートナー霊園(ペット霊園、ペット火葬、納骨)

        太田市、足利市、大泉町、邑楽町、千代田町、熊谷市,伊勢崎市

 

荼毘(だび)

火葬のこと。


 


 

 

お悔やみを申し上げます。 おうすけちゃん 8才 太田市


P1050347.JPG
     お悔やみを申し上げます。 おうすけちゃん 8才 太田市

           人なっこい男の子でした。。。

         肩に登ってきたりしていた子でした。。。

   今年の5月ぐらいから、食欲がなくなり頑張っていました。。。

 

株式会社パートナー  (太田市、大泉町、千代田町、邑楽町 公認ペット霊園)

パートナー霊園(ペット霊園、ペット火葬、納骨)

        太田市、足利市、大泉町、邑楽町、千代田町、熊谷市,伊勢崎市

 

高月・高杯(たかつき・たかはい)

食べ物を盛る脚付きの台。神饌を盛るさいに使う。また仏前の左右に置き、果物を入れて供える脚の高い器も高月という。木製で漆塗りのもの、金箔を押したプラスチックのものなどがある。


 


 

お悔やみを申し上げます。 セナちゃん 1才 太田市


P1050318.JPGのサムネール画像
      お悔やみを申し上げます。 セナちゃん 1才 太田市

           かわいい女の子でした。。。

         元気で、人なっこい子でした。。。

 

株式会社パートナー  (太田市、大泉町、千代田町、邑楽町 公認ペット霊園)

パートナー霊園(ペット霊園、ペット火葬、納骨)

        太田市、足利市、大泉町、邑楽町、千代田町、熊谷市,伊勢崎市

 

大練忌(だいれんき)

七七日


 


 

墓誌板ができました。 岡家 ロロちゃん

 

P1050458.JPG        墓誌板ができました。 岡家 ロロちゃん

 

株式会社パートナー  (太田市、大泉町、千代田町、邑楽町 公認ペット霊園)

パートナー霊園(ペット霊園、ペット火葬、納骨)

        太田市、足利市、大泉町、邑楽町、千代田町、熊谷市,伊勢崎市

 

大祥忌(だいしょうき)

三回忌


 


 

墓誌板ができました。 鈴木家 ひろくん 22才

 

P1050459.JPG       墓誌板ができました。 鈴木家 ひろくん 22才

 

株式会社パートナー  (太田市、大泉町、千代田町、邑楽町 公認ペット霊園)

パートナー霊園(ペット霊園、ペット火葬、納骨)

        太田市、足利市、大泉町、邑楽町、千代田町、熊谷市,伊勢崎市

 

逮夜(たいや)

忌日の前夜とか年忌の前夜をいう。この夜には僧侶を招いて、位牌を飾り、故人の冥福を祈る風習があるが、現在は行われていない。


 


 

お悔やみを申し上げます。 チビちゃん 19才 太田市


P1050293.JPGのサムネール画像のサムネール画像
      お悔やみを申し上げます。 チビちゃん 19才 太田市

         穏やかで優しい女の子でした。。。

 

株式会社パートナー  (太田市、大泉町、千代田町、邑楽町 公認ペット霊園)

パートナー霊園(ペット霊園、ペット火葬、納骨)

        太田市、足利市、大泉町、邑楽町、千代田町、熊谷市,伊勢崎市

 

大往生(だいおうじょう)

安らかに死ぬこと。少しも苦しみのない往生。天寿を全うすること。


 


 

墓誌板ができました。 橋本家 みるくちゃん 11才

 

P1050434.JPG      墓誌板ができました。 橋本家 みるくちゃん 11才

 

株式会社パートナー  (太田市、大泉町、千代田町、邑楽町 公認ペット霊園)

パートナー霊園(ペット霊園、ペット火葬、納骨)

        太田市、足利市、大泉町、邑楽町、千代田町、熊谷市,伊勢崎市

 

尊厳死 (そんげんし)

人間の終末にあたり尊厳をもって死を迎えること。生前に尊厳死の意思表示しておく。有効な治療回復の手立てがないとき本人の生活の質を無視して延命治療するのではなく、痛み緩和の手立ては取るものの、できるだけ自然な死を選択すること。


 


 

 

« 2018年11月 | メインページ | アーカイブ

このページのトップへ